阪和興業株式会社

金属原料・非鉄金属事業

Non-ferrous Metals and Alloys

阪和興業は、国内需要の大きいアルミニウム、銅、亜鉛、鉛、ステンレス原料など非鉄・特殊金属リサイクル事業にいち早く参入し、確固たるポジションを築き、商社ならではの国際的オーガナイザー機能を誇っています。特にアルミ缶リサイクル事業では、回収力・在庫力・供給力を最大限に発揮し、アルミ圧延メーカーの需要に対応。新規設備導入も積極的に進めています。また、プライマリー事業においても、ニッケル、クロム、シリコン、合金鉄など、ロシア、南アフリカ、カザフスタン、ブラジル、中国などの海外生産者との直接取引きをベースに資源ソースの拡充を進めています。さらには環境面から注目されている太陽電池事業にも注力し、国際展開を進めています。

非鉄金属

リサイクル事業への参入は早く、これまで国内外を問わず各非鉄関連ユーザーにコストダウン原料としてスクラップを供給してきました。ユーザーのリサイクル原料に対する要望は強く、国内から東南アジアを中心に商社ならではの国際的オーガナイザー機能ときめの細かい営業展開力を最大限に発揮し、原材料回収・加工・在庫・品質管理・安定供給などの面で、その要望に応えています。特にアルミ缶リサイクル事業では、商社の域に留まらず自社で加工設備を所有しアルミ圧延メーカーの要望に応える体制を整えています。また「バーゼル条約」に則り、海外で再利用されずに廃棄されているリサイクル原料を輸入し、非鉄金属を回収するなど本来の素材の持つ価値を活かし、金属資源を有効に活用することで地球環境の保全に貢献しています。

主要取扱い品目
銅、アルミニウム、亜鉛、鉛、錫、貴金属スクラップ

Highlight 1  PT. HANWA ROYAL METALS

インドネシアにおいては現地財閥であるインドプリマグループと非鉄リサイクル事業を統合し、PT. HANWA ROYAL METALSを2013年に設立。リサイクル環境が発展途上のインドネシアにおいて、日系企業として唯一自社拠点を構え日本国内と同様の原料供給及びサービスを展開しています。

Highlight 2  正起金属加工(株)

2014年10月アルミ缶リサイクル加工(関東工場)と高炉メーカー向け製鋼用アルミ脱酸材生産・販売(名古屋・大分工場)を主事業とする正起金属加工(株)を完全子会社化。商社機能とメーカー機能を複合化する事で顧客満足度の向上を進めます。

金属原料

阪和興業は日本が必要としている金属資源の確保という社会的責任を担っています。
中国、南アフリカ、カザフスタン、インド、ロシア、ドイツ、トルコなど各国の生産者と直接取引きを行い、鉄鋼、ステンレス、鋳物、アルミ、半導体などの業界に向けて安定的な供給を展開しています。また日本各地、一部中国に在庫拠点を設けて顧客ニーズに即時対応できる体制を構築しています。日本のみならず中国、インド、東南アジア圏、欧州に向けても販売を展開しています。

主要取扱い品目
クロム鉱石、マンガン鉱石、フェロクロム、フェロシリコン、シリコマンガン、金属マンガン、金属シリコン、金属マグネシウム、マグネシウム合金

Highlight 1  サマンコール

南アフリカのクロム事業最大手であるサマンコール社に出資しています。日本向けフェロクロムの独占販売権及び日本、中国向けクロム鉱石の販売権を獲得しています。安定供給で最終需要家を支え、中国市場への拡大に努めています。

Highlight 2  OMホールディングス

豪州証券市場上場企業で豪州、南アフリカにマンガン鉱山を所有するOMホールディングス社(以下OMH)に出資をしています。OMHは子会社を通じてマレーシア・サラワク州に合金鉄プラントを建設、水力発電から供給されるクリーン、安価な電力でフェロシリコン、マンガン系合金鉄を製造します。当社は戦略的パートナーとして日本のみならず海外の鉄鋼業に安定した供給体制を構築していきます。

特殊金属

特殊金属部はニッケルに関わる商材を扱っており、ニッケルメタル、ニッケル・コバルト化学品、フェロニッケル、ステンレススティール・スクラップ、ニッケル鉱石、コバルト、モリブデンなど多様な原料を取扱っています。ユーザーも国内外のステンレスミル、特殊鋼ミル、電池材料メーカーなど多業種の顧客を抱え、世界中の生産者と取引きを行い輸出入・三国間での展開、国内外での在庫機能を有し世界各国の客先への原料供給を担っています。
また、London Metal Exchangeのヘッジ機能を駆使することで価格の安定化も図っています。

主要取扱い品目
ステンレススティール・スクラップ、ニッケル地金、ニッケル、コバルト、モリブデン、タングステン、チタン等の特殊金属スクラップ及びプライマリー原料

Highlight 1  昭和メタル

2010年4月に阪和興業はレアメタルリサイクル最大手である昭和メタルを特殊金属スクラップビジネスにおいて統合しました。川崎市にあるヤードではステンレスメーカー向けニッケル系スクラップを回収、選別しており、直江津事業所ではメーカーの要望に沿ったリサイクルシステムを構築し、高品質のチタンスクラップを原材料として再供給しています。

Highlight 2  阪和メタルズ

2011年より子会社を設立し、大阪・南港地区にステンレス屑の集荷拠点を設けました。港に隣接し、バルクでの船積も可能なヤードで国内外のステンレスメーカーへ販売しています。