阪和興業株式会社

社会貢献活動への取り組み

企業の社会的責任(CSR)に対する阪和興業の取り組み

近年の気候温暖化などの環境問題の深刻化、消費者意識の変化、南北問題、企業活動のグローバル化など、企業を取り巻く環境は大きく変わってきています。
その中で、企業の社会に対する責任として従来からの経済的側面のみならず、法令順守に対する側面、環境配慮への側面、顧客や従業員に対する側面及び社会貢献活動の側面などが重要になってきており、それを強く意識し、実践した経営が企業価値を高め、ひいては持続可能な社会の実現に貢献することになります。
わが社は商社として、数多くのステークホルダーがあり、企業活動もグローバルに展開している事から、CSRをまさに経営そのものと位置付け、CSRの取組みを強化することで、企業価値の増大をはかって行きたいと思います。

阪和興業のCSRの基本的考え方

  1. 法令順守の徹底
  2. 環境への配慮
  3. 「良き企業市民」としての社会貢献活動
  4. 透明度の高い経営、積極的な情報開示
  5. 財務面での高い健全性の維持
  6. 従業員が生き生きと働ける職場作り

(注)CSRとは Corporate Social Responsibilityの略語。
当社ではCSRに積極的に取り組むため、2004年3月にCSR委員会を設置しました。
すでに当社ではCSRに対応する組織として倫理委員会、環境推進委員会、(財)阪和育英会などがあり、CSR委員会でこれらを全体として包括し有機的な運営活動を行っています。

CSR委員会概要図

CSR委員会概要図

コンプライアンス

当社では、「企業倫理理念」及び「企業倫理規範」を制定し、コンプライアンスを推進するコンプライアンス委員会を設置しています。同委員会は「コンプライアンス・マニュアル」を策定し、全役職員に冊子として配布し、コンプライアンスの意義を十分に理解し、法令及び社会規範を順守した行動を取ることで、企業としてのCSRの実践に務めています。
当社では「オープン化」「見える化」を推進し、不祥事の発生を未然に防ぐ体制を敷いています。

育英事業

阪和育英会の理念

当社は育英事業も企業の大切な社会的責任の一つであるとの認識のもとに、1957年(昭和32年)に財団法人阪和育英会を創設いたしました。人材は一企業にとどまらず、社会全体の宝であり、「多くの有為な人材 育成は、日本の将来を左右する事業である」という信念を持っていた当社創業者の故北二郎が阪和育英会を創設いたしました。
向学心旺盛ながら、家庭の事情などから思うように 勉学の機会が得られない青少年が数多くいます。奨学金の貸与によって、学費の負担を多少なりとも軽減し、人材の育成に役立つことが当社の「社会への貢献」に資するものであると確信しています。
また、2004年度より、外国人留学生に対し返済義務のない奨学金を支給することになり、第一号として、埼玉大学経済学部3年生でペルー出身の大学生を採用し、その後も主として中国や東南アジア出身の留学生に支給を続けています。

阪和育英会創設者
当社創業者
北 二郎(1912-1999)

ひろがる活動の輪

阪和育英会は順調に発展を続け、2014年度には資産5億8166万円、奨学生の採用数は累計で大学院生79名、大学生等800名、高校生151名と総計約1030名となりました。奨学生の採用に際しては、理事・監事・評議員をお願いしている全国有力大学の教授・准教授の方々にお力添えを頂いております。創設者北二郎の”縁”を大切にする伝統が、対象校選定・奨学生推薦のシステムに生かされ、育英会の輪を大きく広げる要因となっております。
また、当会は2011年4月1日に公益財団法人に移行いたしました。今後は創設者の理念を大切にしながら、新公益法人制度の趣旨に則り、民間の奨学財団としての特色を生かして事業を発展させ、21世紀の国際化時代へ向けて、国際政治・経済について確固たる見識を持った人材が当会から数多く巣立っていくように支援を続けていきたいと思います。

大阪大学創立80周年
総長からの感謝状

事業の状況

資産総額 581,659,998円
(2015年3月末)
2015年度採用 26名
奨学生の採用累計  1030名

奨学金貸与事業の概要

募集 毎年4月
(募集先は主として大学に限定)
助成期間 原則として4年間
選考方法 学校長の推薦に基づき、選考委員会で選考
助成金額 貸与月額 50,000円(大学生)
事業公開 http://www.disclo-koeki.org

なお、当会奨学生の卒業後の就職など進路については本人の意思に任せており、束縛や条件は一切ありません。

阪和育英会創立50周年記念祝賀会

阪和育英会は1957年(昭和32年)の創設以来、今までに約1000名の奨学生を支援して参りました。
この間、関係各位の温かいご支援やご理解を得て2007年に創設50年を迎え、大阪倶楽部にて記念祝賀会を催しました。
祝賀会は、北理事長の挨拶、来賓・役員の祝辞に続き、記念講演の後会場を同倶楽部内の別室に移して懇親会が催されました。
当日は、理事の先生や来賓の方々、奨学生のOBの方々を交え多数ご参加いただき旧交を温めていただきました。
(2007年9月8日)

「阪和育英会50年史」の発刊

阪和興業株式会社の設立10周年の事業として1957年に創設された阪和育英会が創設50周年を迎え、これを記念して「阪和育英会50年史」を編纂いたしました。
50年史では、育英会50年の歩みとともに新旧役員・評議員の方々、奨学生およびOBの方々からの多数の寄稿文、資料、年表などが網羅されています。

奨学生応募について

当会は募集対象校制をとっておりますので、詳しくは下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】
公益財団法人阪和育英会事務局
〒541-8585 大阪市中央区伏見町4丁目3番9号
阪和興業株式会社 秘書室気付
電話:06-7525-5618 FAX:06-7525-5305