阪和興業株式会社

健康経営への取り組み

健康経営宣言

阪和興業株式会社は、2018年4月1日に 「阪和興業健康経営宣言」を制定しました。
代表取締役社長・古川 弘成 がCHO(最高健康責任者)に就任し、人事部内に「健康経営推進室」を設置します。

時代の変化に先駆け、世界中のお客様に価値とサービスを提供し、「ユーザー系商社」として持続的な発展を実現していくためには、
商社の根幹である社員一人ひとりの健康が不可欠です。

今後、社員および家族の健康維持・向上のため、健康保険組合と連携しながら、さまざまな施策を展開することで、
戦略的に健康経営を推進して参ります。

(2018年4月1日制定)

【阪和興業健康経営宣言】
阪和興業創業者・北二郎は「商社は人なり」を信条とし、「企業の繫栄と社員の幸福は車の両輪である」という理念のもと、
人づくりと良好な職場環境の構築に取り組みました。
阪和興業はこの理念に基づき、社員の健康管理を経営的な視点で捉え、会社・社員・健康保険組合が一体となり、社員及びその家族の健康増進に努めます。
全ての社員が心身ともに健康であり続け、活躍できる環境づくりを推進することで「流通のプロ」として社会に貢献してまいります。