阪和興業株式会社

ディスクロージャー・ポリシー

1. 情報開示の基本方針
当社は、適正かつ適時な会社情報の開示が企業の社会的信用を保持することの大前提であることを認識し、投資家はもとより広く社会とコミュニケーションをはかり、公正かつ積極的に情報開示を行うことを基本方針としております。
2. 情報開示の基準
当社は、国内の金融商品取引に関連する法令、及び当社の株式が上場されている国内の証券取引所の定める適時開示規則に沿って、情報開示を行っております。また、適時開示規則等に該当しない情報についても、当社に対する理解を促進し、その適正な評価に資すると判断されるものについては、積極的に開示を行ってまいります。
3. 情報開示の方法
適時開示規則に該当する情報は、同規則に従い、証券取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて開示しております。TDnetに開示した情報は、本サイトにできるだけ速やかに掲載することとしております。
また、適時開示規則等に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえて、適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が一般の投資家に伝達されるよう配慮しております。
なお、金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示については、金融庁の提供する電子開示システム(EDINET)にて開示しており、有価証券報告書及び四半期報告書については、本サイトにも掲載することとしております。
4. インサイダー取引の未然防止
金融商品取引法上のインサイダー取引規制では、重要事実については、TDnetへ登録し、TDnet上で公衆縦覧に供された時点で、公表措置が完了いたします。当社では、この規制に従い、重要事実についてTDnetへ登録し、公衆縦覧を確認した時点で、同事実を本サイト上でも開示しております。 なお、当社は、重要事実の公表および内部情報に関する管理基準等について、「ディスクロージャー規程」「内部情報管理規程」を設けて、インサイダー情報の管理を徹底しております。
5. 沈黙期間について
当社では、決算情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、原則として、決算発表日(四半期決算を含む)前の3週間を沈黙期間とし、この期間については、決算に関する情報の開示、関連するコメントの授受、関連質問への回答などを差し控えております。ただし、この期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い開示致します。
なお、既に開示されている情報に関する問い合わせについては、この限りではありません。
6. 本サイトの位置付け
本サイトは、インターネット上で当社の情報を閲覧されたい方々のために開設しております。当社では公平な情報開示のために、情報の開示後できるだけ速やかに当該情報を本サイトに掲載しておりますが、情報通信技術上の障害等により、掲載時期が遅れることもあるため、本サイトにおける情報開示はあくまでも補助的なものとして位置付けております。
また、本サイトには当社が開示している情報の全てが掲載されてはいないこともありますし、他の方法で開示された情報とは異なった表現がなされている場合があります。本サイトの閲覧にあたりましては、これらを十分にご理解いただいた上でご利用いただきますようお願い致します。
7. 将来の見通しについて
本サイト内の資料に記載されている当社の現在の計画、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定要素を含んでおります。実際の業績は、さまざまな重要な要素により、これら業績見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おきください。
8. その他
当サイト上において当社の情報を閲覧いただく際には、本ディスクロージャー・ポリシーに加えて、別途掲載しております「サイト利用条件」「免責事項」も合わせてご参照いただきますようお願い致します。