阪和興業株式会社

ニュースリリース:2016年

お知らせ

阪和興業グループ会社の(株)松岡鋼材・福岡鋼業(株)・(株)カネキで設備投資を実施

このほど阪和興業グループ会社である(株)松岡鋼材(代表取締役社長 辻 清)、福岡鋼業(株)(代表取締役社長 伴秀夫)、(株)カネキ(代表取締役 辻 清)におきまして「そこか」戦略事業での機能の充実を図るため、下記の通り設備投資を決定しました。

阪和興業(株)(代表取締役社長 古川弘成)は、今後、継続してこのような投資活動の支援を行い、各地区での顧客サービスの向上を図っていく所存であります。

(株)松岡鋼材

滋賀県甲賀市甲南町野尻76-1

代表取締役社長 辻 清

本社事務所の老朽化に伴い、昨年末から既存事務所を取り壊して、新事務所(2階建て 延床面積200㎡)の建設を行い、本年8月に移転が完了しました。

また、従来、近隣の倉庫にて形鋼の切断加工を行っていましたが、自社の敷地内に加工基地の集約化計画を進め、すでに新工場倉庫(敷地面積約850㎡)の建設に着工しており、年内の完成を目指しています。これにより、分散していた加工基地の集約が完了して、顧客への更なる迅速なサービスの実現が出来ると考えております。

福岡鋼業(株)

岡山県津山市井口2-11

代表取締役社長 伴秀夫

岡山県津山市にある第二倉庫が手狭なため、周辺への配慮も含め近隣の工業団地への機能の集約を検討していましたが、このほど10月13日に岡山県真庭市の真庭産業団地に正式に土地(敷地面積:約11,000㎡)を取得しました。これにより、真庭加工センター(仮称)(建物面積:約5,100㎡)の建設に着工し、2017年6月末~7月中旬の完成を目指します。

加工センター内には、コラムの開先切断加工設備を新設する予定ですが、今回、阪和興業の長年、親密な取引先である形鋼加工が主力の大阪の特約店、(株)森鋼材(代表取締役 森 徹)が真庭加工センター(仮称)にご参加戴けることが決定しており、福岡鋼業(株)と(株)森鋼材の複合型営業で、周辺地域のお客様により精度の高い加工製品の提供を行えると考えております。

また、福岡鋼業(株)は従来から自社配送を行っていますが、より質の良い配送サービスの確保をめざすために、阪和グループと懇意である(株)岡山積載運輸(代表取締役社長 味野淳子)に同時に協力して戴く予定であり、今まで当該地区へのコラム製品のデリバリーについては小口配送が困難でありましたが、この課題を解消して周辺顧客への更なるキメ細かいサービスを実現させていきたいと考えております。

(株)カネキ

京都府久世郡久御山町市田祇園田17-2

代表取締役社長 辻 清

現在、本社の近隣に7つの加工工場を保有していますが、このほど本社隣接地に各工場を集約するための土地(敷地面積約6,000㎡)を確保しました。来年に向けて、本社事務所(延床面積約450㎡)の新築ならびに加工工場(建物面積約4,500㎡)の増改築を行い、2017年末~2018年新春の稼働を目指しています。今後は集約による効率化とお客様に対するきめ細かいサービスの向上を目指していきたいと考えております。

本件に関する問い合わせ先

阪和興業株式会社 大阪本社 流通販売部
理事 國島康裕
TEL: 06-7525-5173

 

以上

  • 阪和育英会社会貢献活動
  • 化成品紙料部リテールチーム
  • 阪和のeコマース
  • 阪和興業健康保険組合