CULTURESTYLE03

海を越えた回り道が、
私らしいキャリアをつくった。

Megumi Murakami

村上 恵

薄板第一部/薄板第一課(一般基幹職)
1996年入社

よく驚かれるのですが、私はこの会社を一度辞めています。入社6年目でどうしてもシンガポールで働きたくなってしまって。当時、横を見れば寿退社、上を見ればオーラをまとった優秀な先輩だらけ。まだ結婚も考えていなかったし、デキる女という自覚もなかった私は、自分らしい生き方を切実に模索していました。シンガポールに惹かれたのは、旅行で訪れた際、女性たちが伸び伸びと働く様子に感銘を受けたから。ところが、いざ転職活動に乗り出すと、当時の上司が言うのです。「なぁ、シンガポールにも阪和あるで」と。そして、なんとあちらの事務所に話をしてくれました。結局、現地法人に再入社する形で2年間働くことに。帰国のきっかけは、日本にいる人との結婚でした。

帰国後の再就職先もやはり阪和興業でした。今度は出産、育児といったライフイベントが押し寄せてきて悩む暇はなかったですね。今は下の子も小学生になり、育児はやや一段落。一方、仕事では時短を利用しながらも2015年に一般基幹職(※)になりました。ですから目下、育てることへの情熱は、当部に所属する約20人の後輩たちに注がれています。育成で大切にしているのは、何でも気軽に相談してもらえる雰囲気づくり。そして上司である私が間違いであるときはすぐに認めて、より適切な選択を皆で考えること。管理職という立場に縛られず、壁をつくらず、あくまで自然体でありたいと思っています。振り返れば遠回りもしましたが、「あんな生き方もアリなんだ」と肩の力を抜いて、それぞれが自分らしいキャリアを歩んでくれれば、大変うれしいですね。

(※)一般基幹職…主に一般職社員のマネジメントを担う管理職。昇格試験を経て登用される。


HANWA CAREER EVENT

メンバーシップ登録受付中

登録をされた方には各種キャリアイベントの
ご案内をいたします。