HEARTSPERSON03

目の前にある90点の現状。
そこからはじまる商売がある。

Ryo Osumi

大角 良

化成品部/化成品第一課
2011年入社

MISSION

ポリ袋にひそむ、
緻密な情報戦。

石油化学製品や日用消耗品、特にポリ袋(レジ袋・ゴミ袋)の輸入販売を担当しています。仕入れ先は主に中国やベトナムの工場、売り先は国内の大手小売業など約20社で、価格交渉、品質管理、物流管理などあらゆる仕事をスピーディに回していくことが求められます。最も手腕が試されるのは、商品提案をして契約に結び付ける場面です。皆さんもご存知の通り、ポリ袋の品質はすでに十分なレベルに達しています。そのため、小売業であるお客様も既存商品に対して不満を抱いていないことがほとんど。

その中で、我々の扱う商品へと置き換えていただこうとするのですから、お客様自身が気付いていないニーズを見つけ出し、明確なメリットを提示する必要があります。ただ、これが非常に難しい。言うならば、お客様としては100点満点中、90点の状況があり、残り10点を我々が補うためにトライする感覚なのです。しかし、その難題に対して、市場と商材を熟知した上で、流通チェーン全体から集まる膨大な情報を駆使し、品質・物流など多方面から分析して最善策を見つけていく。その結果、ご契約いただけた日には飛び上がるほどうれしいですし、シェアが目に見えて伸びたときも痛快ですね。

PASSION

時間という、
ラストボス。

この仕事では、課題を見つけるのも、解決の糸口を探すのも、どう仕事を組み立てるか決めるのも自分自身です。自由度の高い働き方自体が面白く、まるで、答えの決まっていないパズルを「あらゆるもの」を使って解き明かしているかのよう。そしてこの「あらゆるもの」の部分に阪和興業の強さが隠されています。まず独立系商社ですから、資本関係の縛りなく全方位に営業をかけられます。加えて化成品業界でも珍しく原料から最終製品までの一貫した供給体制を敷いており、流通チェーン全体をおさえることができます。

この2つが揃うことで、収集できる情報の量も、お客様のニーズに応えるために調整の手が届く範囲も大きくなる。これは圧倒的な強みですし、私も何とかしてその強みを活かそうとしています。もちろん、カバー範囲が広いことによる忙しさは相当なもの。常に時間が足りません。仕事の優先順位を付けながら、時間と激しいバトルを繰り広げ、良質なサービス・顧客満足を獲得することは簡単ではありませんが、燃えますね。

CHANGE

あの人のこと、
忘れさせます。

入社4年目、大阪から東京への転勤がキャリアの転機だったと思います。仕事内容は同じでしたが、東京で活躍していた優秀な先輩の後任として異動したため、その方が担当していたお客様や営業目標をそのまま受け継いだのです。しかし、その業務量が半端じゃない(笑)。今でこそ笑って話せますが、転勤当時はただただ必死でした。その後3カ月くらいすると少し冷静になってきて、ふと思ったのです。前任者が優秀だったからって、真似しようとしすぎてないか?もっと自分のやり方で勝負した方がいいんじゃないか?って。

それからは提案の一つひとつを再考しました。自分で考え抜いた「答え」にプライドを持ち「前任者のことは忘れてください!」なんて言いながら、提案していきました。結果、新規開拓につながったケースも少なくありません。あの経験が営業としての自分を一段上に引き上げたのだと思っています。

GROWTH

この葛藤が、
原動力。

社会人となり、年々自分がいかにできない人間かということを思い知らされています。何か成果を出したときでも、もっとすごい人が近くにいるから有能感を抱く暇がない。ある意味では、優秀な人にどんどん出会えるくらい自分の世界が広がっていることが成長と言えるでしょうか。とまぁ、いかにも謙虚そうなことを言いましたが、本当は昔から自信家でプライドも高いんですよ。今も本質的には変わりません。だから今、私の心の中には「自分ならできる」と「自分なんてまだまだ」の2つがあります。相反する2つの思いが葛藤することで、向上心やエネルギーを生み出しているのかもしれないですね。

ちなみに、余談ですが、この仕事に就いてからスーパーで店員に間違えられることが増えました。ついつい棚や商品を食い入るように眺めたり、裏返して表示を読み込んだりと、はたから見れば挙動が普通じゃないのでしょう。これも社会人になって変わったことの一つかな(笑)。

DREAM

時代の変化に、
商機あり。

まずは、レジ袋をはじめとした今扱っている商材でシェアを高めることが目標です。できることは、まだまだあるはずですから。一方で、マイバッグを多くの人が持つようになって、レジ袋の需要自体はやや頭打ちになってきているのも事実です。時代はエコ。だったら、今後はシャンプーの詰め替え用パッケージのように、需要が逆に増えているところでも勝負をかけていきたいと思っています。

あとはネット通販で買い物をする人が増えているので、お店が発送するときに使う包装材料なども良いかもしれません。もちろんこうした市場でもシェア合戦になりますし、厳しくはあります。でも、そこを切り崩すのが阪和興業ですから。私があの市場を開拓しました!って、10年後に胸を張りたいと思っています。

PARTNER

誠実、迅速、明晰。
三拍子揃った稀有な方ですね。

中尾 政司

株式会社住友倉庫
グローバル・ロジスティクス営業部/営業第三課長代理

大角さんはいつもお互いを尊重しながら誠実に仕事を進めようとしてくださるので、本当に仕事がしやすく、ありがたいです。特に頼りになるのはトラブル発生時。たとえば悪天候で船が遅れたときには代替え日を瞬時に決めてくださるし、商品に確認が必要な場合は、即現場に駆けつけて明確な指示をしてくれる。そんな方だからこそ、私たちも大角さんのためならいつだって一肌脱ごうって気持ちでいられますね。


HANWA CAREER EVENT

メンバーシップ登録受付中

登録をされた方には各種キャリアイベントのご案内をいたします。