エスケーエンジニアリング株式会社の社員の声

採用情報 / RECRUIT 採用情報 / RECRUIT

社員の声

因果関係が顕著に現れる仕事だからこそ、「段取りが8割」が肝要!

名古屋工事部/主任
樋口 隆行
HIGUCHI TAKAYUKI
座右の銘:
足ることを知る
※身分相応に満足することを知る意味ですが、最善を尽くして結果を待つ時(人事を尽くして天命を待つ場合)、どのような結果になろうともその結果を受け入れ、満足する(足る事を知る)事と拡大解釈してます。

私のモットー

【鉄骨の現場に嘘はない】
図面原寸、工場製作、現場施工のいずれかでも問題が発生すれば、現場に影響がでる。逆に問題なければ完璧な仕事ができる。段取り8割が肝要な仕事。原因、結果の法則が、これだけ顕著に早く表れる明朗な仕事は、他には、なかなかない。

私の現場

【現場名】愛知県小牧市某物流センター
S造の4階建ての物流センターの工事に携わっています。

鉄骨重量約6000tで、製作協力業者が3工場(全てHグレード)で建て方が組鳶(別途業者)、請負作業内容は、搬入相判、ボルト締め方、現場梁と柱溶接、外周面胴縁(縦)調整です。3FABとの出荷調整と組鳶との搬入調整は、一番の大仕事ですが、やり甲斐と完了後の達成感はとても高いです。

上へ戻る