阪和興業株式会社

「良き企業市民」としての社会貢献活動

当社は「社会の期待に応える企業」として、また、良き企業市民として国際社会、地域社会に広く貢献するために様々な活動を行っています。

育英事業

阪和育英会の概要

公益財団法⼈ 阪和育英会は、当社の創⽴10周年記念事業として1957年4⽉に設⽴されました。
当社の創業者で、当会の初代理事⻑であった北 ⼆郎は⾃⾝が苦学した体験があり、奨学⾦を出して経済的⽀援をし、「我が国社会に有為な⼈材を育成したい」と念願して、当社の資本⾦がわずか1億円の時に1,000万円を投じて当会を設⽴しました。
また、2015年度から給与型の海外留学奨学⾦制度を発⾜させ、1年間の留学に対して約100万円の奨学金を給付しています。さらに2021年度からは給与型奨学⾦⽀給の対象を国内奨学⽣へも広げ、指定校20大学向けに月3万円の奨学金を給付しています。いずれも給付ですので返済の必要はありません。このように、当社は時代のニーズに沿った奨学金の制度づくりを⽬指しています。

北 二郎

阪和育英会創設者
当社創業者
北 二郎(1912-1999)

広がる活動の輪

阪和育英会の正味財産は2020年度に6億8,622万円、採用した奨学生数は累計で、大学院生84名、大学生等898名、高校生151名、海外留学生44名、総計1,177名となっています。奨学生OB・OGの多くが産業界のみならず、学界、官界、法曹界など幅広い分野において活躍を続けています。

2020年度までの奨学生数の累計

芸術・スポーツ・教育・文化活動への支援

当社は寄付や支援活動を通じて、芸術やスポーツなど様々な活動を支え、社会の持続的な発展に貢献しております。

新日本フィルハーモニー交響楽団

官民協働海外留学支援制度

スポーツ振興資金財団

日本フィルハーモニー交響楽団

ハンズオン東京

全日本柔道連盟

名古屋フィルハーモニー交響楽団

2025年日本国際博覧会協会

飛鳥ハーフマラソン

大阪交響楽団

公益財団法人 がん研究会

Tリーグ

バルカーカップ

  • 阪和育英会社会貢献活動